読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえず書くブログ

飽きないように書く

情報モラル

父の趣味はPCをいじることで、そのため小さい頃からPCに触れる機会が多かった。小学生のとき主に利用していたコミュニティツールは掲示板・チャット・ネット碁といったものが挙げられる。当時、ガラケを持つ友人なんて数えるほどだったし、仮に持っていたとしても、ネットを利用できないように設定する家庭は多かった。インターネットを媒介とした友人との通信手段はメールしかなく、それが浸透してきたのは中学生の頃だった記憶がある。

 

このような話題に関して書こうとする動機は、今SNS上で話題となっているyoutuberの瞬殺のコル○ルトくんの動画を拝見したことに起因する。

 

自分の情報モラルは、インターネットの普及・発展とともに培われ形成されていった。当時のコミュニティツールにおいて、お互いに利用する時間帯が合わない限り特定の人物と交流するのは難しかった。匿名性が高くインターネットの向こう側に人物像を思い浮かべることなんて全くなかった。一方、SNSが普及するにつれて相手の顔・年齢・趣味・出身といった個人情報が簡単に分かるような時代になった。初めて利用したSNSmixiだった気がする。インターネット上に特定の人物像を意識して、初めて電脳空間と現実は表裏一体の関係にあることを実感した。この経験は情報モラルの形成に大きく影響した。

 

今の小学生はいきなりスマホを手にする時代らしい。座学よりもインターネットの恐ろしさを身をもって体験させる授業を学校は取り入れるべきではないかと感じる。一度失敗したら一生残るのがインターネットだしね。