読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえず書くブログ

飽きないように書く

酒のつまみ

スミノフアイスを片手にホタルイカとカルパスと焼鍋うどんを夕飯に食べた。最近、母の飯を食べる機会が少なく、舌バカになっている。というのも両親共働きで帰りが遅い。そのため自分も夜遅くまで外出することが多く、外食で済ませてしまう。

 

外食のお値段もお財布と相談する必要がある。頻度が多いほど、コストパフォーマンスを求める傾向になる。現にワンコインのラーメン屋にはよくお世話になっている。

 

こんな訳で野菜不足になっている。自炊好きじゃないからできるようにならないとな。

情報モラル

父の趣味はPCをいじることで、そのため小さい頃からPCに触れる機会が多かった。小学生のとき主に利用していたコミュニティツールは掲示板・チャット・ネット碁といったものが挙げられる。当時、ガラケを持つ友人なんて数えるほどだったし、仮に持っていたとしても、ネットを利用できないように設定する家庭は多かった。インターネットを媒介とした友人との通信手段はメールしかなく、それが浸透してきたのは中学生の頃だった記憶がある。

 

このような話題に関して書こうとする動機は、今SNS上で話題となっているyoutuberの瞬殺のコル○ルトくんの動画を拝見したことに起因する。

 

自分の情報モラルは、インターネットの普及・発展とともに培われ形成されていった。当時のコミュニティツールにおいて、お互いに利用する時間帯が合わない限り特定の人物と交流するのは難しかった。匿名性が高くインターネットの向こう側に人物像を思い浮かべることなんて全くなかった。一方、SNSが普及するにつれて相手の顔・年齢・趣味・出身といった個人情報が簡単に分かるような時代になった。初めて利用したSNSmixiだった気がする。インターネット上に特定の人物像を意識して、初めて電脳空間と現実は表裏一体の関係にあることを実感した。この経験は情報モラルの形成に大きく影響した。

 

今の小学生はいきなりスマホを手にする時代らしい。座学よりもインターネットの恐ろしさを身をもって体験させる授業を学校は取り入れるべきではないかと感じる。一度失敗したら一生残るのがインターネットだしね。

書くぞ

近頃は短文投稿系SNSに飽きてきた。文字数という制約のおかげで言いたいことをまとめる力は付いてきたような気がするが、文字数を意識せずに書きたいことを書けるブログに魅力を感じるようになった。特にブログ開設の理由はこの他にない。なるべく更新頻度を上げよう。

 

学生の身分なので夏休みを満喫している最中だ。ここ一ヶ月はサークル活動・旅行・合宿・学会論文の執筆などをした。

 

サークル活動

・バンド系サークルのライブあり

・昨年引退したため約1年ぶりにライブ参加

老害の悲しさ

 

旅行

・サークルの同期と初の学年旅行in新潟

・うまい飯を食べた

・温泉に行った

・酒を嗜んだ

f:id:mtmt114:20160923030143j:plain

f:id:mtmt114:20160923030205j:plain

f:id:mtmt114:20160923030150j:plain

 

サークルの合宿

・旅行からはしご

・練習

 

研究室の合宿

・スポーツ大会

・飲み会

・院生と交流を深められた

 

論文執筆

・第一稿を提出するのが遅く教授に怒られる「想像力がない」

・朝から晩まで修正・提出・添削の繰り返し

・5日間幽閉、13稿目で丸を貰う

・その後の飲み会で謝罪、事なきを得る

 

タスクが多く嫌になることもしばしば。サークルに関して言うと次回ライブを最後にしたいのが本音だけど無理かな。勉強は来年の大学院生になってから努力しようと思う。